米国NASAも大絶賛 スーパー雑穀「キヌア」の実力

公開日:

 女性を中心に大人気の「キヌア」をご存じだろうか?

 1980年代、米国やカナダで有効成分を極めて多く含む食品に対し「スーパーフード」という言葉が使われ始めた。2000年代に入り、米医師がスーパーフードについて書いた本がヒットし認知度がより高まった。ここ数年は日本でも大ブームだが、そのスーパーフードの中でも特に人気なのが、雑穀の一種「キヌア」だ。

「93年のNASAの専門誌に『一つの食材が人間にとって必要なすべての栄養素を提供することは不可能だが、キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いもの』という記述があります」

 こう話すのは、管理栄養士で雑穀に詳しい柴田真希さん。キヌアの栄養価は白米と比べてはるかに高く、例えば、タンパク質は2.3倍、カルシウムが9.4倍、ビタミンB2が15.9倍、食物繊維が14倍にもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る