米国NASAも大絶賛 スーパー雑穀「キヌア」の実力

公開日: 更新日:

 女性を中心に大人気の「キヌア」をご存じだろうか?

 1980年代、米国やカナダで有効成分を極めて多く含む食品に対し「スーパーフード」という言葉が使われ始めた。2000年代に入り、米医師がスーパーフードについて書いた本がヒットし認知度がより高まった。ここ数年は日本でも大ブームだが、そのスーパーフードの中でも特に人気なのが、雑穀の一種「キヌア」だ。

「93年のNASAの専門誌に『一つの食材が人間にとって必要なすべての栄養素を提供することは不可能だが、キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いもの』という記述があります」

 こう話すのは、管理栄養士で雑穀に詳しい柴田真希さん。キヌアの栄養価は白米と比べてはるかに高く、例えば、タンパク質は2.3倍、カルシウムが9.4倍、ビタミンB2が15.9倍、食物繊維が14倍にもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る