品種によって炊き方にコツ ブランド新米のおいしい食べ方

公開日:  更新日:

 新米がおいしい季節。新潟の新ブランド「新之助」が、今月初めに一斉に売り出され、魚沼産コシヒカリとほぼ同じ5キロ3000円余りの高値をつけて話題を呼んだ。「たまにはおいしいものを」とブランド米を楽しみにする人もいるはず。どの銘柄を選ぶといいのか。

■珍しい名前の銘柄がズラリ

 記者が東京・練馬区のスーパーをのぞくと、数年前に登場した「つや姫」(宮城など)や「ななつぼし」(北海道)はもはや定番になっていて、「青天の霹靂」(青森)や「ふっくりんこ」(北海道)、「森のくまさん」(熊本)といった具合に、およそ米の名前とは思えない銘柄がズラリと並んでいる。

 ウマい米といえばコシヒカリだが、あまりなじみのない品種のブランド米も目につく。まさに“青天の霹靂”で、ブランド米“戦国時代”といった様相だ。ビギナーは、“番付”を参考にするといいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る