品種によって炊き方にコツ ブランド新米のおいしい食べ方

公開日:  更新日:

 新米がおいしい季節。新潟の新ブランド「新之助」が、今月初めに一斉に売り出され、魚沼産コシヒカリとほぼ同じ5キロ3000円余りの高値をつけて話題を呼んだ。「たまにはおいしいものを」とブランド米を楽しみにする人もいるはず。どの銘柄を選ぶといいのか。

■珍しい名前の銘柄がズラリ

 記者が東京・練馬区のスーパーをのぞくと、数年前に登場した「つや姫」(宮城など)や「ななつぼし」(北海道)はもはや定番になっていて、「青天の霹靂」(青森)や「ふっくりんこ」(北海道)、「森のくまさん」(熊本)といった具合に、およそ米の名前とは思えない銘柄がズラリと並んでいる。

 ウマい米といえばコシヒカリだが、あまりなじみのない品種のブランド米も目につく。まさに“青天の霹靂”で、ブランド米“戦国時代”といった様相だ。ビギナーは、“番付”を参考にするといいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る