品種によって炊き方にコツ ブランド新米のおいしい食べ方

公開日: 更新日:

 新米がおいしい季節。新潟の新ブランド「新之助」が、今月初めに一斉に売り出され、魚沼産コシヒカリとほぼ同じ5キロ3000円余りの高値をつけて話題を呼んだ。「たまにはおいしいものを」とブランド米を楽しみにする人もいるはず。どの銘柄を選ぶといいのか。

■珍しい名前の銘柄がズラリ

 記者が東京・練馬区のスーパーをのぞくと、数年前に登場した「つや姫」(宮城など)や「ななつぼし」(北海道)はもはや定番になっていて、「青天の霹靂」(青森)や「ふっくりんこ」(北海道)、「森のくまさん」(熊本)といった具合に、およそ米の名前とは思えない銘柄がズラリと並んでいる。

 ウマい米といえばコシヒカリだが、あまりなじみのない品種のブランド米も目につく。まさに“青天の霹靂”で、ブランド米“戦国時代”といった様相だ。ビギナーは、“番付”を参考にするといいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  4. 4

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  5. 5

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  6. 6

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  7. 7

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  8. 8

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る