品種によって炊き方にコツ ブランド新米のおいしい食べ方

公開日: 更新日:

 新米がおいしい季節。新潟の新ブランド「新之助」が、今月初めに一斉に売り出され、魚沼産コシヒカリとほぼ同じ5キロ3000円余りの高値をつけて話題を呼んだ。「たまにはおいしいものを」とブランド米を楽しみにする人もいるはず。どの銘柄を選ぶといいのか。

■珍しい名前の銘柄がズラリ

 記者が東京・練馬区のスーパーをのぞくと、数年前に登場した「つや姫」(宮城など)や「ななつぼし」(北海道)はもはや定番になっていて、「青天の霹靂」(青森)や「ふっくりんこ」(北海道)、「森のくまさん」(熊本)といった具合に、およそ米の名前とは思えない銘柄がズラリと並んでいる。

 ウマい米といえばコシヒカリだが、あまりなじみのない品種のブランド米も目につく。まさに“青天の霹靂”で、ブランド米“戦国時代”といった様相だ。ビギナーは、“番付”を参考にするといいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  7. 7

    NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

もっと見る