サムスンだけじゃない “発火リスク”は全てのスマホに潜む

公開日: 更新日:

 相次ぐバッテリーの爆発炎上事故で、最新型スマホ「ギャラクシーノート7」が生産・販売中止に追い込まれた韓国サムスン電子。iPhoneに対抗するため、新製品発売を優先し、安全性を軽視したためとみられている。

 しかし発火リスクがあるのはサムスンだけではない。

 独立行政法人「製品評価技術基盤機構」によると、2011年4月から16年3月までの5年間に国内で発生したスマホと周辺機器の事故は278件あり、76件の火災が発生。原因は「不明」(84件)というケースが最も多く、「電池パック」による事故は58件で、そのうち14件が火災を起こしている。

「『不明』の理由が多いのは損傷が著しくて原因が特定できない、あるいは使用状況が分からないからです。バッテリーはエネルギー量が大きいので、一度発火すると一気に燃えてしまいます。メーカーは異なっても、バッテリーは同じ製造元ということもあります。サムスンだけでなく、発火リスクはどの製品にもあるのです」(同機構リスク評価広報課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  4. 4

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  5. 5

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  6. 6

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  7. 7

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  8. 8

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る