サムスンだけじゃない “発火リスク”は全てのスマホに潜む

公開日:  更新日:

 相次ぐバッテリーの爆発炎上事故で、最新型スマホ「ギャラクシーノート7」が生産・販売中止に追い込まれた韓国サムスン電子。iPhoneに対抗するため、新製品発売を優先し、安全性を軽視したためとみられている。

 しかし発火リスクがあるのはサムスンだけではない。

 独立行政法人「製品評価技術基盤機構」によると、2011年4月から16年3月までの5年間に国内で発生したスマホと周辺機器の事故は278件あり、76件の火災が発生。原因は「不明」(84件)というケースが最も多く、「電池パック」による事故は58件で、そのうち14件が火災を起こしている。

「『不明』の理由が多いのは損傷が著しくて原因が特定できない、あるいは使用状況が分からないからです。バッテリーはエネルギー量が大きいので、一度発火すると一気に燃えてしまいます。メーカーは異なっても、バッテリーは同じ製造元ということもあります。サムスンだけでなく、発火リスクはどの製品にもあるのです」(同機構リスク評価広報課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る