日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鳥取県が注意喚起 被災地“ブルーシート詐欺”をどう防ぐ?

 震度6弱を観測した鳥取地震から、28日で1週間。住宅被害は約2600棟に上り、今も430人が避難を続けている。そんな中、被災地で増えているのが震災に便乗した悪徳商法だ。鳥取県消費生活センターの担当者が言う。

「統計を取り始めたばかりですが、すでに県には7件の相談がありました。『屋根にブルーシートをかけてもらったが料金が高額ではないか』『家の補修工事をしてもらったが施工が雑で困る』といった内容です」

 今年4月の熊本地震後も便乗詐欺が多発し、国民生活センターに313件の相談が寄せられた。当時の内容を見ると、〈瓦のふき替え工事を勧められ200万円の見積もりをもらったが、知人に聞くと通常50万円くらいの工事と言われた〉〈瓦業者に屋根をブルーシートで覆う作業を依頼したら、23万円を請求された。その後、1万5000円くらいの作業と分かった〉というように、住宅の被害に関する相談が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事