鳥取県が注意喚起 被災地“ブルーシート詐欺”をどう防ぐ?

公開日:

 震度6弱を観測した鳥取地震から、28日で1週間。住宅被害は約2600棟に上り、今も430人が避難を続けている。そんな中、被災地で増えているのが震災に便乗した悪徳商法だ。鳥取県消費生活センターの担当者が言う。

「統計を取り始めたばかりですが、すでに県には7件の相談がありました。『屋根にブルーシートをかけてもらったが料金が高額ではないか』『家の補修工事をしてもらったが施工が雑で困る』といった内容です」

 今年4月の熊本地震後も便乗詐欺が多発し、国民生活センターに313件の相談が寄せられた。当時の内容を見ると、〈瓦のふき替え工事を勧められ200万円の見積もりをもらったが、知人に聞くと通常50万円くらいの工事と言われた〉〈瓦業者に屋根をブルーシートで覆う作業を依頼したら、23万円を請求された。その後、1万5000円くらいの作業と分かった〉というように、住宅の被害に関する相談が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る