振り込め詐欺防止に効果大 “大阪おばちゃん流”撃退のコツ

公開日: 更新日:

 振り込め詐欺が後を絶たない。警察庁のまとめによると、2015年中のオレオレ詐欺や架空請求詐欺に代表される振り込め詐欺の認知件数は、1万2762件で前年に比べて13%増加。被害総額は390億円に上った。

 認知件数の種類別では、オレオレ詐欺(5%増)、架空請求詐欺(30%増)、還付金詐欺(23%増)と、架空請求と還付金で激増。テレビや新聞で、毎週のように事件を目撃しているはずだが、ダマされる人がかくも多いというのは残念でならない。

 一方、犯罪の手口は変わってきた。息子や孫になりすまして「助けて」と家に電話がかかってきたり、警察官や裁判所になりすますケースが多いのは以前と同じ。問題はその先。犯人が現金やキャッシュカードを自宅に取りに来る「現金受け取り型」(オレオレ詐欺の8割)、宅配便を利用して現金を送らせる「現金送付型」(架空請求詐欺の6割)が激増。“現金を振り込まない「振り込め詐欺」”が常套手段になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  3. 3

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  9. 9

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る