振り込め詐欺防止に効果大 “大阪おばちゃん流”撃退のコツ

公開日: 更新日:

 振り込め詐欺が後を絶たない。警察庁のまとめによると、2015年中のオレオレ詐欺や架空請求詐欺に代表される振り込め詐欺の認知件数は、1万2762件で前年に比べて13%増加。被害総額は390億円に上った。

 認知件数の種類別では、オレオレ詐欺(5%増)、架空請求詐欺(30%増)、還付金詐欺(23%増)と、架空請求と還付金で激増。テレビや新聞で、毎週のように事件を目撃しているはずだが、ダマされる人がかくも多いというのは残念でならない。

 一方、犯罪の手口は変わってきた。息子や孫になりすまして「助けて」と家に電話がかかってきたり、警察官や裁判所になりすますケースが多いのは以前と同じ。問題はその先。犯人が現金やキャッシュカードを自宅に取りに来る「現金受け取り型」(オレオレ詐欺の8割)、宅配便を利用して現金を送らせる「現金送付型」(架空請求詐欺の6割)が激増。“現金を振り込まない「振り込め詐欺」”が常套手段になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る