• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨年は移住2000人 若者注目「鳥取県智頭町」の魅力とは

 少子高齢化や人口減少で存続に危機感を募らせている地方が多い中、ここ数年、鳥取県に移住する人が増えている。2012年度は700人、その後は1000人近くずつに増加し、昨年はおそよ2000人が移住してきたという。中でも若者が関心を寄せるのが、智頭町(ちずちょう)だ。

■若い子育て世帯が注目する保育園

 智頭町は県の東南部に位置し、土地の9割以上が森林という場所。この自然豊かな町に移住者が増えている。

 移住者増加のキッカケのひとつが「森のようちえん まるたんぼう」の存在だ。09年に東京出身の西村早栄子さんらが智頭町の森に惚れ込み、町に事業化を提案。寺谷町長の賛同を得て、「園舎なし、森で過ごす」という北欧の保育を手本にした認可外保育園の運営を始めた。これが、SNSなどを通じて若い子育て世帯の目に留まり、大ブレーク。園児は移住者だけでなく、町外からの通園者も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る