横行する格安スマホ転売詐欺 新手“錬金術”の巧妙手口

公開日: 更新日:

 安倍首相の異例の要請により、2月から3大キャリアーは「端末代実質0円」など過度な格安キャンペーンを自粛している。

 その結果、端末代が割高になり、中古端末が売れている。ところが、割安の中古端末を狙った“錬金詐欺”が横行しつつあるから注意が必要だ。

 詐欺犯が目を付けたのは格安スマホだ。スマホ評論家の新田ヒカル氏は新手の詐欺の手口をこう解説する。

「詐欺犯はまず、24回払いなどの契約で格安スマホを購入します。その後、契約解除せずに個人売買サイトや中古ショップで売り飛ばすのです。通常4万円程度の端末をほぼ新品の状態で3万円程度で出品するので、飛びつくユーザーは多い。ところが、詐欺犯は月々の端末代金を滞納したまま、中古市場で売り払っている。そのため、ユーザーのスマホは買ってから数カ月で急にロックがかかり、一切の操作ができなくなってしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る