俳優・篠井英介のメルカリ活用術<下>処分を進めて身軽に

公開日: 更新日:

 俳優・篠井英介が還暦を機に身辺整理する中で使い始めたのが、フリマアプリ「メルカリ」。物を通して見知らぬ人とやりとりがあり、ちょっとしたお金になるのがうれしいと話す。メルカリを楽しく続けるポイントは、「気持ち良く売り買いできる値段で出品すること」だという。これまで一番高く売れたのは、コレクションしていた人形のセットだ。

「若い時に一生懸命集めた陶器の人形ですが、場所を取るので思い切って出してみたんです。でも、思い入れがあるので、『3万円以上でないと』と高めに出品しましたが、30分ほどで売れました。自分でも思いがけず売れるところが面白いですね」

 最近では、メルカリで売れる物はないかと、家中を眺めることが増えてきたという。

「石川の実家に帰った時も、売れそうな物を見つけると、母に『これ、もらってもいい?』と許可を得て、持ち帰ったりしています。ある時、実家で昭和初期の竹久夢二の版画セットが出てきたので、1枚3000円くらいで出したら、すぐに売れたんです。知人からは『もっと高くてもよかったんじゃない』と言われましたが、元がタダですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る