カセットテープ人気再燃で 古いウォークマンもバカ売れ中

公開日: 更新日:

 中古商品売買をすると言えばいまやフリマアプリのメルカリだが、メルカリのアプリを開くとウォーキングステレオが熱い。しかしウォーキングステレオといってもカセットテープを聞くための40年前近いヴィンテージのウォーキングカセットだ。

 これまでに売れてきたタマ数が多いこともあるのだろうが、特にソニーのウォークマンが出品されていることが目立ち、2万円以上で売れているものまである。1万円以下で見ればほぼ売り切れの状態だ。念のため別の専門サイトをググってみると新品のウォークマンに10万円近い金額がつけられていた。

 初代ウォークマン「TPS-L2」が発売されたのは1979年。いまからちょうど40年前。 私も中学生時代に初めてソニーのウォークマンを買い、その後はCDに切り替わるまでアイワ製品などを含めてウォーキングカセットは毎年のように買い換えてきた。よく壊れたというのもある。カセットテープ、CD、MDまで5、6台は買っただろう。しかし今では音楽もスマホで聴くため、あらゆる携帯音楽器具は、捨てるに捨てられず戸棚の奥に眠っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!