受動喫煙 多様性と知恵の成熟社会<下>

公開日:  更新日:

 厚労省が中心になって進める受動喫煙防止の法制化の動きに、全国各地で見直し論や反対論が高まっている。これまでに14府県の議会が意見書提出や請願採択の動きを見せている。

 各自治体が提出した意見書は一体、どんな内容になっているのか。葉たばこ産地でもある熊本県の「受動喫煙防止対策強化措置に対する意見書」を見てみよう。

 冒頭で「受動喫煙防止対策については、飲食店等の民間施設まで一律過度な分煙措置を設定しており、これまで、本県議会としても要望し、推進してきた現実的な分煙の取り組みが無駄になるおそれがあることから、大きな懸念を抱いている」と指摘。そのうえで、「強化措置が法制化されたならば、更なる喫煙機会の減少、消費本数の減少が進むことは明らかであり、たばこ農家及びたばこ販売店の経営に多大な影響が考えられる」「サービス業界では、強化措置が客のニーズへの対応を著しく損なうことによる売り上げ減少を懸念している」と関連業界への影響を危惧し、3項目の要望を列挙している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る