受動喫煙 法制化で外食産業8401億円打撃

公開日:

 屋内原則禁煙、罰則を盛り込んだ健康増進法改正案の骨子を厚労省が発表した直後、民間調査機関の富士経済が受動喫煙防止対策の法制化、施行で外食市場への影響は8401億円に及ぶとの調査結果を発表した。

 東京、愛知、大阪の「居酒屋、バー、スナック」「カフェ・喫茶店」「レストラン」の店舗運営責任者を対象に意識調査を実施。法案が施行された場合の売り上げ予想(有効回答1020店)をもとに3業態(市場規模約13兆円)への影響を予測した。

 最も影響が大きいのは居酒屋、バー、スナックで6554億円の売り上げ減。居酒屋などは、店内が全面禁煙になった場合「客数が減少すると予想」が72.9%に達した。売り上げ減少予想の要因としては、「既存客の大半が喫煙者」が67.3%と最多で、「既存客の来店頻度が減る」が61.2%、「滞在時間が減少し、客単価が減少」が41.8%と続く。カフェ・喫茶店は1173億円の売り上げ減。61.3%が来店客数の減少と売り上げ減を予想している。3業態の中でもっとも影響が少ないのはレストランで、674億円の売り上げ減少。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る