• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

受動喫煙 法制化で外食産業8401億円打撃

 屋内原則禁煙、罰則を盛り込んだ健康増進法改正案の骨子を厚労省が発表した直後、民間調査機関の富士経済が受動喫煙防止対策の法制化、施行で外食市場への影響は8401億円に及ぶとの調査結果を発表した。

 東京、愛知、大阪の「居酒屋、バー、スナック」「カフェ・喫茶店」「レストラン」の店舗運営責任者を対象に意識調査を実施。法案が施行された場合の売り上げ予想(有効回答1020店)をもとに3業態(市場規模約13兆円)への影響を予測した。

 最も影響が大きいのは居酒屋、バー、スナックで6554億円の売り上げ減。居酒屋などは、店内が全面禁煙になった場合「客数が減少すると予想」が72.9%に達した。売り上げ減少予想の要因としては、「既存客の大半が喫煙者」が67.3%と最多で、「既存客の来店頻度が減る」が61.2%、「滞在時間が減少し、客単価が減少」が41.8%と続く。カフェ・喫茶店は1173億円の売り上げ減。61.3%が来店客数の減少と売り上げ減を予想している。3業態の中でもっとも影響が少ないのはレストランで、674億円の売り上げ減少。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る