受動喫煙 法制化で外食産業8401億円打撃

公開日: 更新日:

 屋内原則禁煙、罰則を盛り込んだ健康増進法改正案の骨子を厚労省が発表した直後、民間調査機関の富士経済が受動喫煙防止対策の法制化、施行で外食市場への影響は8401億円に及ぶとの調査結果を発表した。

 東京、愛知、大阪の「居酒屋、バー、スナック」「カフェ・喫茶店」「レストラン」の店舗運営責任者を対象に意識調査を実施。法案が施行された場合の売り上げ予想(有効回答1020店)をもとに3業態(市場規模約13兆円)への影響を予測した。

 最も影響が大きいのは居酒屋、バー、スナックで6554億円の売り上げ減。居酒屋などは、店内が全面禁煙になった場合「客数が減少すると予想」が72.9%に達した。売り上げ減少予想の要因としては、「既存客の大半が喫煙者」が67.3%と最多で、「既存客の来店頻度が減る」が61.2%、「滞在時間が減少し、客単価が減少」が41.8%と続く。カフェ・喫茶店は1173億円の売り上げ減。61.3%が来店客数の減少と売り上げ減を予想している。3業態の中でもっとも影響が少ないのはレストランで、674億円の売り上げ減少。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る