• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

葉たばこ生産地の現状と生産者のホンネ<下>

 2月15日、大分市内のホテルで「平成29年度たばこ耕作表彰式」(大分県たばこ耕作組合主催)が行われた。会場には県内各地から家族を含め100人以上の葉たばこ農家が集まり、成果を上げた組合員への表彰が続いた。受賞者の中には「65歳以上1000万円収得者」が11人含まれていた。シニアの奮闘ぶりには脱帽だ。

 大分県の葉たばこ栽培は昭和初期から続く地場産業で、2017年の生産面積は226ヘクタール、生産量593トン、生産額11億6400万円と全国上位にあり、県内の畑作の重要な作物となっている。1戸当たりの生産面積は2・51ヘクタールと全国3位で経営の集約化・大規模化が進み、1戸当たりの葉たばこ販売代金は1294万円と2013年の1015万円と比べ大幅に増加している。

 葉たばこ栽培を40年間続けている大分県たばこ耕作組合理事の羽田野昭三さんが栽培の歴史を振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る