葉たばこ生産地の現状と生産者のホンネ<下>

公開日:

 2月15日、大分市内のホテルで「平成29年度たばこ耕作表彰式」(大分県たばこ耕作組合主催)が行われた。会場には県内各地から家族を含め100人以上の葉たばこ農家が集まり、成果を上げた組合員への表彰が続いた。受賞者の中には「65歳以上1000万円収得者」が11人含まれていた。シニアの奮闘ぶりには脱帽だ。

 大分県の葉たばこ栽培は昭和初期から続く地場産業で、2017年の生産面積は226ヘクタール、生産量593トン、生産額11億6400万円と全国上位にあり、県内の畑作の重要な作物となっている。1戸当たりの生産面積は2・51ヘクタールと全国3位で経営の集約化・大規模化が進み、1戸当たりの葉たばこ販売代金は1294万円と2013年の1015万円と比べ大幅に増加している。

 葉たばこ栽培を40年間続けている大分県たばこ耕作組合理事の羽田野昭三さんが栽培の歴史を振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る