みずほ“ドロ沼”覇権争い これから始まる旧第一勧銀の奪い合い

公開日:  更新日:

 暴力団への融資問題で、みずほ銀行の佐藤康博頭取(61、興銀出身)が下した社内処分はOBを含め54人。そのほとんどが報酬減額だったのに、3人だけ“クビ”になっている。塚本隆史会長(63)と、コンプライアンス(法令順守)担当だった小池正兼常務執行役員(54)、大谷光夫執行役員(52)だ。塚本氏はみずほFG会長を留任になったので、銀行を去るわけではないが、実は、この3人には旧第一勧銀出身という共通項がある。

 みずほは旧興銀、旧富士銀、旧第一勧銀の3行が合併して誕生した。その後は主導権争いの繰り返しだが、第一勧銀は早々と脱落。現在は興銀と富士銀の覇権争いになっている。今回も詰め腹を切らされたのは“第3勢力”の第一勧銀だった。
「みずほを調査した第三者委員会が重要視したのは、なぜか第一勧銀出身者が多いコンプラ部門でした。興銀と富士銀が牛耳る融資部門や経営企画にはホコ先が向かわなかった」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る