• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

任天堂3年連続赤字 ゲームで「お金を取る時代」は終わった

 セガと同じ道を歩んでいる。先週末に3年連続の営業赤字予想を発表し、業績不振が一段と鮮明になった任天堂。20日午前の東京株式市場では売り注文が相次ぎ、一時前週末終値に比べ2710円安となった。

 同社の2014年3月期連結業績は、売上高が従来予想の9200億円から5900億円に激減。営業損益は350億円の赤字見通しだ。岩田聡社長も「努力をしたが結果を出せず、責任を感じている」とお手上げの様子だった。

 なにしろ、主力の「Wii U」は、目標の900万台の3分の1にすら届かない280万台に低迷。値下げした「ニンテンドー3DS」も、1800万台の目標が1350万台と下回った。かつて売り上げが1兆円を超したガリバー企業は残像すらない状態だ。

 任天堂の不振についてゲーム業界の専門家たちは、「ハード(ゲーム機)を買ってもらうため、スマートフォン向けのゲームに乗り遅れたから」「オンラインゲームに弱い」とさまざまに理由を分析している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る