大学生の7割が経験 不当な“ブラックバイト”消えないワケ

公開日:  更新日:

 学生が学業に支障が出るほど働かされる「ブラックバイト」問題が深刻化している。NPOや弁護士がつくる市民団体「ブラック企業対策プロジェクト」の調査によれば、バイト経験のある大学生約2500人のうち、「希望していないシフトに入れられた」「残業代不払い」など“不当”な扱いを受けたのは、約7割に上ることが分かった。

 これほど人手不足が騒がれ、売り手市場とされているのだから、ブラックバイト問題など消滅しておかしくないのに、なぜ問題は続いているのか。人事コンサルタントの常見陽平氏は言う。

「バイトする学生自体は減っていると聞きます。ですが、バイトせざるを得ない学生の切実度が増している印象です。求人は多いけど『家から通える』『授業のない日にできる』など条件が合うバイトは見つけにくい。結局、ブラックバイトをせざるを得ないケースが多いようです。そもそも、求人が多いのはブラック化が指摘される飲食など、一部の業種に偏っている。辞めて他に移っても、同じブラックな労働環境という場合も少なくないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る