個人投資家の「買い」殺到…駆け込みNISAで仕込む21銘柄

公開日:  更新日:

 乱高下の続く株式市場だが、証券各社の来年の見通しは意外と強気だ。大和証券やゴールドマン・サックス証券は日経平均が2万円に達すると予想している。

「短期的には波乱含みですが、中長期では日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の買い需要が見込めるので、日経平均はゆるやかな上昇カーブを描くとみています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 しかも今週は、個人投資家の買い注文が殺到する可能性が高い。NISA(少額投資非課税制度)の14年分非課税枠(100万円まで)が25日(木曜日)で終わるからだ。

 日本証券業協会によると、12月末のNISA口座数は800万件に届く勢いだが、稼働率は約40%。60%の投資家は口座を持っていながら、株や投信などを買っていないことになる。

「慌てて株を買う個人投資家はかなりいると睨んでいます。ただ、株の初心者は銘柄選びに迷っているようです」(証券関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る