• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

個人投資家の「買い」殺到…駆け込みNISAで仕込む21銘柄

 乱高下の続く株式市場だが、証券各社の来年の見通しは意外と強気だ。大和証券やゴールドマン・サックス証券は日経平均が2万円に達すると予想している。

「短期的には波乱含みですが、中長期では日銀やGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の買い需要が見込めるので、日経平均はゆるやかな上昇カーブを描くとみています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 しかも今週は、個人投資家の買い注文が殺到する可能性が高い。NISA(少額投資非課税制度)の14年分非課税枠(100万円まで)が25日(木曜日)で終わるからだ。

 日本証券業協会によると、12月末のNISA口座数は800万件に届く勢いだが、稼働率は約40%。60%の投資家は口座を持っていながら、株や投信などを買っていないことになる。

「慌てて株を買う個人投資家はかなりいると睨んでいます。ただ、株の初心者は銘柄選びに迷っているようです」(証券関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る