「悪い子供を持った…」大塚家具の創業父と長女“法廷闘争”へ

公開日: 更新日:

 大塚家具の父娘の対立が、いよいよ深刻になってきた。

 創業者の大塚勝久会長は25日、都内で会見を開き、長女の久美子社長の解任などを求めた自身の株主提案について説明。「社長に選んだことが間違いだった。悪い子供を持った」と非難した。また、久美子氏の下で会社の業績が悪化したと主張、経営トップとして不適格だと批判し、株式の返還を求める民事訴訟を起こしたことも明らかにした。

 勝久氏が公の場に姿を現すのは“クーデター”で1月下旬に社長の兼務を解かれてから初めて。「(久美子氏には)重大なコンプライアンス問題がある」「会社の存続にかかわる」と指摘した。

 一方、久美子社長も負けていない。26日午後、会見を開き、中期経営計画の内容について説明。株主総会後に勝久氏らを取締役から退任させ、社外取締役を2人から6人、監査役を3人から4人にそれぞれ増して経営の透明性を確保する方針を示すとみられる。顧客を“会員制”にしてまとめ買いを促す、先代が培った販売手法とも決別を宣言するようだ。

 父娘の激しい対立に、ジャスダック上場企業が揺れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る