株主総会で承認 トヨタの「元本保証」新型株は買いなのか?

公開日: 更新日:

 トヨタ自動車の個人投資家向け新型株の発行が、16日開かれた株主総会で承認された。戦前に市販されたトヨタ初の量産車「AA型乗用車」から名付けた「AA型種類株」は、まず来月24日に5000万株が発行される。総会で豊田章男社長は発行目的を「株主とトヨタが一緒にやりましょうよ」ということだと説明していたが、この新型株は「買い」なのか。

 新型株は普通株より20%以上割高なものの、事実上の「元本保証」が最大の特徴。買ってから5年間は売却できないが、その後は希望すれば、発行価格での買い取りをトヨタに請求できる。5年後は普通株への転換や、そのまま保有することも可能だ。配当は発行価格に対し、初年度は0.5%。その後、徐々に上がり、5年目以降は2.5%となる。普通株と同じように議決権もある。

 トヨタは新型株発行で既存株主の1株価値が希薄化しないよう、自社株買いも行うという。そうまでして新型株の発行を決めたのは、個人株主が1割強にまで減ってしまったことに、危機感を覚えたからとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る