VWと提携解消ですっきりも スズキに立ちふさがる多くの壁

公開日: 更新日:

「喉の小骨が取れてすっきりした」――。フォルクスワーゲン(VW)との提携が解消し、スズキの鈴木修会長は顔をほころばせた。

 2010年にVWと資本・業務提携を結んだが、同社がスズキへの経営支配を強めようとしていることを警戒して解消を模索。このほど国際仲裁裁判所がVWが保有するスズキ株(19.9%)を売却すべきと決定した。スズキ側の買い戻し価格は4600億円に上るとみられている。

 気になるのはスズキの今後。小骨が取れて順風満帆といくのか。「早めに次の提携先を見つけないと厳しい」とは経済ジャーナリストの大山功男氏だ。

「スズキはインドで45%のシェアを誇り、東欧での販売拡大を狙うなど経営は好調です。しかし電気自動車と燃料電池車に向かっている自動車業界で生き残るには、年に5000億~7000億円の研究開発費が必要。この金額をスズキが独自に負担するのは厳しい。国内の自動車メーカーか、ディーゼルエンジンの供給を受けているフィアット・クライスラーなどと提携しないと、置いてきぼりを食ってしまいます。ただ、フィアットが株の買い戻し価格4600億円を出せるかは難しいところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る