VWと提携解消ですっきりも スズキに立ちふさがる多くの壁

公開日:  更新日:

「喉の小骨が取れてすっきりした」――。フォルクスワーゲン(VW)との提携が解消し、スズキの鈴木修会長は顔をほころばせた。

 2010年にVWと資本・業務提携を結んだが、同社がスズキへの経営支配を強めようとしていることを警戒して解消を模索。このほど国際仲裁裁判所がVWが保有するスズキ株(19.9%)を売却すべきと決定した。スズキ側の買い戻し価格は4600億円に上るとみられている。

 気になるのはスズキの今後。小骨が取れて順風満帆といくのか。「早めに次の提携先を見つけないと厳しい」とは経済ジャーナリストの大山功男氏だ。

「スズキはインドで45%のシェアを誇り、東欧での販売拡大を狙うなど経営は好調です。しかし電気自動車と燃料電池車に向かっている自動車業界で生き残るには、年に5000億~7000億円の研究開発費が必要。この金額をスズキが独自に負担するのは厳しい。国内の自動車メーカーか、ディーゼルエンジンの供給を受けているフィアット・クライスラーなどと提携しないと、置いてきぼりを食ってしまいます。ただ、フィアットが株の買い戻し価格4600億円を出せるかは難しいところです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る