崖っぷち「大塚家具」 久美子社長が仕掛ける“体当たり”セール

公開日:  更新日:

「久美子社長がいつも以上にサービス精神旺盛だったのは、業績悪化が理由だったんですね」

 メディア関係者はそう振り返った。

 大塚家具が崖っぷちに立たされている。6日に発表した今年1~9月期の決算で、最終損益が7100万円の赤字(前年同期は4億8300万円の黒字)に転落したのだ。父娘の骨肉の争いが発覚した2月以降、販売が大きく落ち込んだことが原因。4~5月に行った「おわびセール」は好調だったものの、落ち込みをカバーしきれなかった。

 この業績発表を前に、大塚久美子社長(47)は会見を開いている。最大50%オフとなる創業以来初の「全館全品売りつくし」セールをPR。そこでは何度も「生まれ変わるため」との言葉を口にし、お家騒動のイメージ払拭に躍起な様子だった。「これは古い大塚家具の終わりの始まりです」と、父・勝久元会長(72)との完全決別とも取れる宣言もしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る