一時は株価急落も…JVCケンウッド「SMAP騒動」で大逆転

公開日:  更新日:

 SMAP騒動は経済界も振り回した。ようやく落ち着いてきた感じだが、メンバーをCMに起用する大手企業はヤキモキ続きだ。

「解散が回避され、当初はホッとしましたが、時間が経つにつれて不安要素も増えてきました。たとえば、SMAPのイメージが変わってしまったのではないかと危惧しています」(メンバーをCMに起用する大手企業)

 一方、ウハウハ組もある。“解散報道”が流れた直後は、所属レコード会社(ビクターエンターテインメント)の親会社、JVCケンウッドの株価は下落した。

「今月13日にメディアは大騒ぎを始めました。この日の日経平均は前日比で約500円上昇しましたが、JVCケンウッドは下落してしまった。SMAP関連株は嫌われたのです」(市場関係者)

 ところが、風向きはガラリと変わった。解散回避を願ったファンが、SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」(2003年3月発売、1100円=税別)の購買運動を始めたのだ。同曲の売り上げは急上昇し、オリコンの最新シングルチャート(2月1日付)では3位までランクアップ。1週間で4万7000枚を売り上げ、12年ぶりにトップ3へ返り咲いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る