• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一時は株価急落も…JVCケンウッド「SMAP騒動」で大逆転

 SMAP騒動は経済界も振り回した。ようやく落ち着いてきた感じだが、メンバーをCMに起用する大手企業はヤキモキ続きだ。

「解散が回避され、当初はホッとしましたが、時間が経つにつれて不安要素も増えてきました。たとえば、SMAPのイメージが変わってしまったのではないかと危惧しています」(メンバーをCMに起用する大手企業)

 一方、ウハウハ組もある。“解散報道”が流れた直後は、所属レコード会社(ビクターエンターテインメント)の親会社、JVCケンウッドの株価は下落した。

「今月13日にメディアは大騒ぎを始めました。この日の日経平均は前日比で約500円上昇しましたが、JVCケンウッドは下落してしまった。SMAP関連株は嫌われたのです」(市場関係者)

 ところが、風向きはガラリと変わった。解散回避を願ったファンが、SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」(2003年3月発売、1100円=税別)の購買運動を始めたのだ。同曲の売り上げは急上昇し、オリコンの最新シングルチャート(2月1日付)では3位までランクアップ。1週間で4万7000枚を売り上げ、12年ぶりにトップ3へ返り咲いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る