誰も得しなかったSMAP騒動 槙原敬之が“棚ボタ”でホクホク

公開日:  更新日:

 独立を画策した女性マネジャーは業界追放となり、彼女に追随した「4人組」も今後は冷や飯が待っている。キムタクにしたところで、ネットなどでは「裏切り者」呼ばわりされていて、今後の道のりは平坦ではない。結局、誰も得しなかったSMAP解散騒動で、ただ一人、期せずして“漁夫の利”を得た人物がいる。SMAP最大のヒット曲「世界に一つだけの花」を作詞・作曲した槙原敬之(46)である。

「解散騒動以来、ファンの間でSMAPの過去の楽曲を買う動きが起きていて、『オレンジ』(作詞、作曲・市川喜康)、『夜空ノムコウ』(作詞・スガシカオ、作曲・川村結花)、『らいおんハート』(作詞・野島伸司、作曲・コモリタミノル)が売れていますが、中でも最も売れているのが『世界に――』なのです。15日に発表されたオリコンのデイリーランキング(シングルCD)では前日の圏外から突然9位に飛び込んできた。音楽ダウンロードの動きはもっと素早くて、集計しているレコチョクでは週間ランキング(1月13~19日)でいきなりトップに躍り出ているのです」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る