誰も得しなかったSMAP騒動 槙原敬之が“棚ボタ”でホクホク

公開日: 更新日:

 独立を画策した女性マネジャーは業界追放となり、彼女に追随した「4人組」も今後は冷や飯が待っている。キムタクにしたところで、ネットなどでは「裏切り者」呼ばわりされていて、今後の道のりは平坦ではない。結局、誰も得しなかったSMAP解散騒動で、ただ一人、期せずして“漁夫の利”を得た人物がいる。SMAP最大のヒット曲「世界に一つだけの花」を作詞・作曲した槙原敬之(46)である。

「解散騒動以来、ファンの間でSMAPの過去の楽曲を買う動きが起きていて、『オレンジ』(作詞、作曲・市川喜康)、『夜空ノムコウ』(作詞・スガシカオ、作曲・川村結花)、『らいおんハート』(作詞・野島伸司、作曲・コモリタミノル)が売れていますが、中でも最も売れているのが『世界に――』なのです。15日に発表されたオリコンのデイリーランキング(シングルCD)では前日の圏外から突然9位に飛び込んできた。音楽ダウンロードの動きはもっと素早くて、集計しているレコチョクでは週間ランキング(1月13~19日)でいきなりトップに躍り出ているのです」(音楽関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  5. 5

    東京五輪ゴリ押し開催は金のため…菅総理には中止こそ悪夢

  6. 6

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  7. 7

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  8. 8

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    国会答弁でまだ下がる 菅支持率は「底なし」の様相

もっと見る