原田曜平氏が語る 18歳選挙世代が一丸となれば未来変わる

公開日:  更新日:

 10日に投開票される参院選から選挙権が20歳から18歳に引き下げられる。それに伴い選挙権を得る新たな有権者は計240万人。全有権者の2%だが、この世代の政治参加は社会にどんな変化をもたらすのか。「18歳選挙世代は日本を変えるか」(ポプラ新書)の著者で、情報番組「ZIP!」などでも活躍中のコメンテーター原田曜平氏に話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 よく「若者の政治離れ」が話題になりますが、今の若者は大学進学率が約50%で、そのうち半分の学生が返済義務のある奨学金をもらいながら学生生活を送っています。

 経済的に厳しい世代であることは間違いない。こうした世代が有権者になることで、アメリカにおけるサンダースのように、最低賃金のアップや返済義務のない奨学金の創設など若者向けの政策を打ち出す候補者も増えてくればより身近に政治を感じるようになるでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る