原田曜平氏が語る 18歳選挙世代が一丸となれば未来変わる

公開日: 更新日:

 10日に投開票される参院選から選挙権が20歳から18歳に引き下げられる。それに伴い選挙権を得る新たな有権者は計240万人。全有権者の2%だが、この世代の政治参加は社会にどんな変化をもたらすのか。「18歳選挙世代は日本を変えるか」(ポプラ新書)の著者で、情報番組「ZIP!」などでも活躍中のコメンテーター原田曜平氏に話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 よく「若者の政治離れ」が話題になりますが、今の若者は大学進学率が約50%で、そのうち半分の学生が返済義務のある奨学金をもらいながら学生生活を送っています。

 経済的に厳しい世代であることは間違いない。こうした世代が有権者になることで、アメリカにおけるサンダースのように、最低賃金のアップや返済義務のない奨学金の創設など若者向けの政策を打ち出す候補者も増えてくればより身近に政治を感じるようになるでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る