“円高→株安”の流れに異変 1ドル=99円で株価なぜ底割らず

公開日: 更新日:

 円高→株安の流れが、崩れてきている。

 18日午前の東京外為市場では、米国の追加利上げが遠のくという見方が広がり、6月24日のEU離脱ショックから2カ月ぶりに1ドル=99円台に。平均株価も一時185円安まで売られたが、午前の終値は31円安まで戻している。午後は輸出関連株を中心に売られ、前日比259円安の1万6486円で引けたとはいえ、EU離脱ショックで1万5000円を割った時とはまるで様子が違う。

「先月の発表時は『期待外れ』と散々コキ下ろされましたが、やはり黒田日銀の追加緩和が効いている。上場投資信託(ETF)の買い入れ額が、これまでの年間3.3兆円から6兆円と、ほぼ倍増ですからね。円高で株価が下がっても、黒田日銀のETF買い入れ期待から、投資家が思惑買いに走って下支えするというパターンになっています。1ドル=99円でも1万6000円を割らないわけです」(外資系証券会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  3. 3

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  4. 4

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  5. 5

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

  10. 10

    GM作物は子供が好む菓子に含まれているがなぜか表示はない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る