• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“円高→株安”の流れに異変 1ドル=99円で株価なぜ底割らず

 円高→株安の流れが、崩れてきている。

 18日午前の東京外為市場では、米国の追加利上げが遠のくという見方が広がり、6月24日のEU離脱ショックから2カ月ぶりに1ドル=99円台に。平均株価も一時185円安まで売られたが、午前の終値は31円安まで戻している。午後は輸出関連株を中心に売られ、前日比259円安の1万6486円で引けたとはいえ、EU離脱ショックで1万5000円を割った時とはまるで様子が違う。

「先月の発表時は『期待外れ』と散々コキ下ろされましたが、やはり黒田日銀の追加緩和が効いている。上場投資信託(ETF)の買い入れ額が、これまでの年間3.3兆円から6兆円と、ほぼ倍増ですからね。円高で株価が下がっても、黒田日銀のETF買い入れ期待から、投資家が思惑買いに走って下支えするというパターンになっています。1ドル=99円でも1万6000円を割らないわけです」(外資系証券会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る