• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伊那食品工業 塚越寛会長<2>闘病生活で悟った働ける幸せ

伊那食品工業の塚越寛会長(C)日刊ゲンダイ

 長野県有数の進学校、伊那北高校に進んだ塚越少年を残酷な病魔が襲う。17歳の時に肺結核に罹患していることが判明したのだ。やむなく高校を中退し入院生活に入った。

「結核といえば当時は死病でもありました。3年間入院生活を送りましたが、治るかもしれないし、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事