• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハナツアージャパン・李炳燦社長<4>観光客のニーズに応える

 近年は、国を挙げての訪日促進戦略の効果も表れ、2017年の訪日観光客は2869万人、韓国人観光客も初めて700万人を突破した。今年は800万人を超える見込みだという。

 韓国からの送客数がこれほど伸びているのは、LCCの台頭が大きい。

「低料金で海外に行けるようになると、やはり日本は近くて手軽ですからね。政治的な問題の影響はありません」

 次々とLCCが就航して、ソウルからの定期便が発着する空港は、日本全国23にまで増えた。旭川や釧路などの不定期便も合わせると、30近くの空港がソウル便を受け入れている。

 訪日観光の定番といえば、4~5泊の日程で行く東京~箱根~京都~大阪の“ゴールデンルート”だが、ハナツアージャパンの場合、それは売り上げの10%にすぎない。韓国では、今や日本は「いつでも行ける国」となり、旅のスタイルも変わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る