ハナツアージャパン・李炳燦社長<4>観光客のニーズに応える

公開日:

 近年は、国を挙げての訪日促進戦略の効果も表れ、2017年の訪日観光客は2869万人、韓国人観光客も初めて700万人を突破した。今年は800万人を超える見込みだという。

 韓国からの送客数がこれほど伸びているのは、LCCの台頭が大きい。

「低料金で海外に行けるようになると、やはり日本は近くて手軽ですからね。政治的な問題の影響はありません」

 次々とLCCが就航して、ソウルからの定期便が発着する空港は、日本全国23にまで増えた。旭川や釧路などの不定期便も合わせると、30近くの空港がソウル便を受け入れている。

 訪日観光の定番といえば、4~5泊の日程で行く東京~箱根~京都~大阪の“ゴールデンルート”だが、ハナツアージャパンの場合、それは売り上げの10%にすぎない。韓国では、今や日本は「いつでも行ける国」となり、旅のスタイルも変わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る