近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

30年後に世界はガラガラポン…生存企業の「6キーワード」

公開日:

 先週、米朝首脳会談の取材で、灼熱のシンガポールへ行ってきた。首脳会談の様子は先週、本紙が詳細に報じたので、別の話をしたい。

 チャンギ空港を降りると、そこには蒸し風呂の世界が広がっていた。急いでボックス型のタクシーに飛び込むと、運転手の王連中さんが、クーラーをガンガンにかけてくれた。

 もうひとつガンガンにかけたのが、故郷・福建省の演歌だった。

 運転席には中国の「五星紅旗」がはためき、後部座席の電光掲示板は延々と、アリババグループのスマホ決済「アリペイ」のコマーシャルを流している。王さんが中国語で語る。

「祖父が文化大革命でシンガポールに逃げのびて半世紀。ようやく祖国の中国を誇れるようになった。私は昔、こちらのパナソニックの工員だったが、いまや押し寄せる中国人観光客のおかげで生活ができる。これからは中国が、シンガポールと東南アジア全域を変えていくよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る