近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

30年後に世界はガラガラポン…生存企業の「6キーワード」

公開日: 更新日:

 先週、米朝首脳会談の取材で、灼熱のシンガポールへ行ってきた。首脳会談の様子は先週、本紙が詳細に報じたので、別の話をしたい。

 チャンギ空港を降りると、そこには蒸し風呂の世界が広がっていた。急いでボックス型のタクシーに飛び込むと、運転手の王連中さんが、クーラーをガンガンにかけてくれた。

 もうひとつガンガンにかけたのが、故郷・福建省の演歌だった。

 運転席には中国の「五星紅旗」がはためき、後部座席の電光掲示板は延々と、アリババグループのスマホ決済「アリペイ」のコマーシャルを流している。王さんが中国語で語る。

「祖父が文化大革命でシンガポールに逃げのびて半世紀。ようやく祖国の中国を誇れるようになった。私は昔、こちらのパナソニックの工員だったが、いまや押し寄せる中国人観光客のおかげで生活ができる。これからは中国が、シンガポールと東南アジア全域を変えていくよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  9. 9

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る