• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業後、講談社入社。「フライデー」「週刊現代」「月刊現代」などで記者・編集者を務める。現在、「週刊現代」編集次長、明治大学国際日本学部講師(東アジア論)。2009年から2012年まで、講談社(北京)文化有限公司副総経理。「対中戦略」「日中『再』逆転」「中国模式の衝撃」「中国経済『1100兆円破綻』の衝撃」他、著書多数。

6項目でようやく合意 「米中貿易戦争」のサモシイ中身

「今回の米国との貿易戦争は、いわば朝鮮戦争と同じだ。中国は今回、米国と休戦協定を結んだ。だがこれは、あくまでも一時的な休戦であって、終戦を意味しない」

 こう語るのは、ある中国経済紙記者だ。

 17日(米国時間)から2日間にわたって米ワシントンで行われた米中貿易交渉は、1日遅れの19日になって、ようやく共同声明が発表された。合意されたのは計6項目だが、「何とか出血を食い止めた」というサモシイ内容だ。

 まず第1に、中国側は米中貿易格差を減らすため、米国産品の輸入を拡大する。具体的には、肉や穀物、LNG(液化天然ガス)などだ。

 第2に、中国は米国産品を尊重する。この2カ月間、あれほど米国を声高に非難してきた中国商務部は、18日に突然「米国産コーリャンのダンピング調査を中止する」と発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る