近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

6項目でようやく合意 「米中貿易戦争」のサモシイ中身

公開日: 更新日:

「今回の米国との貿易戦争は、いわば朝鮮戦争と同じだ。中国は今回、米国と休戦協定を結んだ。だがこれは、あくまでも一時的な休戦であって、終戦を意味しない」

 こう語るのは、ある中国経済紙記者だ。

 17日(米国時間)から2日間にわたって米ワシントンで行われた米中貿易交渉は、1日遅れの19日になって、ようやく共同声明が発表された。合意されたのは計6項目だが、「何とか出血を食い止めた」というサモシイ内容だ。

 まず第1に、中国側は米中貿易格差を減らすため、米国産品の輸入を拡大する。具体的には、肉や穀物、LNG(液化天然ガス)などだ。

 第2に、中国は米国産品を尊重する。この2カ月間、あれほど米国を声高に非難してきた中国商務部は、18日に突然「米国産コーリャンのダンピング調査を中止する」と発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    安倍首相「未来投資会議」が描く 70歳就労は“姥捨て制度”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る