近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

6項目でようやく合意 「米中貿易戦争」のサモシイ中身

公開日: 更新日:

「今回の米国との貿易戦争は、いわば朝鮮戦争と同じだ。中国は今回、米国と休戦協定を結んだ。だがこれは、あくまでも一時的な休戦であって、終戦を意味しない」

 こう語るのは、ある中国経済紙記者だ。

 17日(米国時間)から2日間にわたって米ワシントンで行われた米中貿易交渉は、1日遅れの19日になって、ようやく共同声明が発表された。合意されたのは計6項目だが、「何とか出血を食い止めた」というサモシイ内容だ。

 まず第1に、中国側は米中貿易格差を減らすため、米国産品の輸入を拡大する。具体的には、肉や穀物、LNG(液化天然ガス)などだ。

 第2に、中国は米国産品を尊重する。この2カ月間、あれほど米国を声高に非難してきた中国商務部は、18日に突然「米国産コーリャンのダンピング調査を中止する」と発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る