近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

習近平が号令 新記念日「中国品牌日」で仕掛ける世界攻勢

公開日:

 剛腕強引でなる習近平国家主席が、5月10日を新たな中国の記念日に定めた。「中国品牌日」(チャイニーズブランドデー)。中国ブランドを、一気呵成に国内外に広めていこうという日だ。

 何じゃそれは? と笑うなかれ。鄧小平副首相が改革開放政策を始めてから40年。昨今の中国ブランドの伸びは目覚ましいのだ。例えば、いまや現代人の生活の中心になっているスマホの昨年第4四半期の世界シェアは、1位アップル19・1%、2位サムスン18・2%、3位ファーウェイ(華為)10・6%、4位OPPO7・2%、5位シャオミ(小米)6・6%、6位vivo5・5%、その他32・8%である(香港カウンターポイント調べ)。

 ソニー以下、日本メーカーはすべて「その他」扱いになっているのに対し、中国ブランドは3位から6位を独占しているのだ。業界では、次世代の5Gが本格的に登場する来年には、ファーウェイが世界を席巻するという声が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る