APAMAN<上>“消臭スプレー商法”はぼったくりに近く丸儲け

公開日: 更新日:

 札幌市で2018年12月16日夜に起き、50人超がけがをした爆発・炎上事故。不動産仲介店「アパマンショップ平岸駅前店」で、同店の店長が、店内で120本もの消臭スプレーを噴射した後、湯沸かし器を点火したことが原因だった。

 爆発は周囲半径100メートル以上にわたり、建物の窓ガラスを割るなどの甚大な被害を出した。

 火元となった不動産仲介会社の「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長(39)が同18日、札幌市内で記者会見し、「当社のスプレー缶の廃棄処理がもとになって爆発が起き、ご迷惑をおかけしてしまいました」と謝罪した。

 スプレー缶は管理物件の消臭に用いる。同社長が17日夜、男性店長から聞き取ったところによると、爆発30分前の16日午後8時ごろ、スプレー缶を廃棄しようと、店内に120本を並べ、立て続けに噴射。成分が充満し、給湯器を使ったら爆発したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る