異例の開放か? ヤンキースタジアムでサッカーMLS開幕戦

公開日:  更新日:

 写真はヤンキースタジアムでサッカーが行われているシーン。サッカーの米プロリーグMLSに参入したニューヨーク・シティーが15日、ヤンキースタジアムでホームの開幕戦を行い、10年W杯得点王のスペイン代表FWビジャ(33)の得点などでニューイングランドに2対0で快勝した。

 ニューヨーク・シティーはヤンキースやイギリスのマンチェスター・シティーのオーナーグループが保有するチームで、10月までホームの試合はヤンキースタジアムで行う。

 米国ではいま、MLSが大人気。この日も4万3507人が球場に押し寄せた。米球界ナンバーワンの人気球団であるヤンキースも、サッカーが商売になるとソロバンをはじいているのだ。

 ヤンキースの故ジョージ・スタインブレナー・オーナーは、「ルースが建てた家」と呼ばれた本拠地をめったやたらに野球以外のスポーツやコンサートには開放しないことで有名だった。1990年に地元ブロンクス出身のビリー・ジョエルがコンサートをやったときはニュースになったほど。いまは代替わりもしたし、背に腹は代えられない事情もあるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る