ソフトバンク本拠地5m縮小で気がかりな松坂の被本塁打率

公開日: 更新日:

「これで損をするのはメジャー帰りのアノ人だけじゃないですか」

 ソフトバンク関係者がこう言うのが本拠地ヤフオクドームの改修のことだ。

 これまでの両翼100メートル、中堅最深部122メートルという巨大ドームは外野フェンスが12球団の本拠地で最も高い5.8メートルを誇っていたこともあり、チームを「一発不足」で悩ませてきた。

 日本一になった昨季も本塁打数はリーグ5位の95本と低迷。そこで、球団はその汚名返上と観客増を目的に今オフに改修を着工し、従来の外野フェンス前に新観戦エリア「ホームランテラス」を設置して、左中間と右中間を最大5メートル縮小、外野フェンスも4・2メートルまで引き下げたのである。

 これで危惧されるのが被本塁打のリスクが高まる投手陣への負担だが、冒頭の関係者はこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る