麻薬中毒でも「1シーズン出場停止」まかり通るメジャーの理屈

公開日: 更新日:

 ずいぶん寛容な世界だと思った向きも多いかもしれない。先日、コカインの再使用を告白したと米紙に報じられたエンゼルスのジョシュ・ハミルトン(33)に、1シーズンの出場停止処分が科される可能性が出てきたという。4日付の「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)が報じた。

 ハミルトンはメジャーを代表する強打者。08年に打点王、10年には首位打者とMVPを獲得。今季年俸約28億円の高給取りだ。

 ドラフト全米1位でデビルレイズ(現レイズ)に入団しながら、マイナー時代にグレた。全身26カ所に入れ墨を入れ、コカインに溺れた。薬物更生施設に8回も入ってクスリを断ち切り、スラッガーとして定着したはずだった。

 しかし、5年総額約150億円でエンゼルスに移籍した13年からケガや神経痛に悩まされ、成績は下降線。今回は大リーグ機構(MLB)職員との面談でクスリの使用を認めたそうだから、覚悟の“自首”か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る