日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

麻薬中毒でも「1シーズン出場停止」まかり通るメジャーの理屈

 ずいぶん寛容な世界だと思った向きも多いかもしれない。先日、コカインの再使用を告白したと米紙に報じられたエンゼルスのジョシュ・ハミルトン(33)に、1シーズンの出場停止処分が科される可能性が出てきたという。4日付の「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)が報じた。

 ハミルトンはメジャーを代表する強打者。08年に打点王、10年には首位打者とMVPを獲得。今季年俸約28億円の高給取りだ。

 ドラフト全米1位でデビルレイズ(現レイズ)に入団しながら、マイナー時代にグレた。全身26カ所に入れ墨を入れ、コカインに溺れた。薬物更生施設に8回も入ってクスリを断ち切り、スラッガーとして定着したはずだった。

 しかし、5年総額約150億円でエンゼルスに移籍した13年からケガや神経痛に悩まされ、成績は下降線。今回は大リーグ機構(MLB)職員との面談でクスリの使用を認めたそうだから、覚悟の“自首”か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事