• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーの「時短対策」 ルーティン多いイチローにダメージか?

 昨季終了後からしきりに議論されているメジャーの時短対策が、日本人選手に影響しそうだ。

 ロブ・マンフレッド新コミッショナーは時短を重要な改革案の一つに掲げる。投手が必要以上にマウンドを離れたり、捕手が頻繁にマウンドに足を運ぶなど試合進行を遅らせる行為には審判が厳しく注意を促すことになった。

 時短を求められるのは打者も例外ではない。攻守交代の際に全力疾走を怠ったり、打席での無駄な行為は許されない。MLBでは打者の無駄な行為にも目を光らせてスピードアップを徹底させる方針だ。

 これで割を食いそうなのはマーリンズ・イチロー(41)、ジャイアンツ・青木宣親(33)の2人。試合進行を遅らせる選手としてマークされる可能性があるからだ。イチローはバットを外野に向けて一回転させ、左手でユニホームの右腕部分をまくり上げるなど、打席に入ってからのルーティンが多い。相手投手の配球を読むため、時には1球ごとに打席を外すこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る