メジャーの「時短対策」 ルーティン多いイチローにダメージか?

公開日: 更新日:

 昨季終了後からしきりに議論されているメジャーの時短対策が、日本人選手に影響しそうだ。

 ロブ・マンフレッド新コミッショナーは時短を重要な改革案の一つに掲げる。投手が必要以上にマウンドを離れたり、捕手が頻繁にマウンドに足を運ぶなど試合進行を遅らせる行為には審判が厳しく注意を促すことになった。

 時短を求められるのは打者も例外ではない。攻守交代の際に全力疾走を怠ったり、打席での無駄な行為は許されない。MLBでは打者の無駄な行為にも目を光らせてスピードアップを徹底させる方針だ。

 これで割を食いそうなのはマーリンズ・イチロー(41)、ジャイアンツ・青木宣親(33)の2人。試合進行を遅らせる選手としてマークされる可能性があるからだ。イチローはバットを外野に向けて一回転させ、左手でユニホームの右腕部分をまくり上げるなど、打席に入ってからのルーティンが多い。相手投手の配球を読むため、時には1球ごとに打席を外すこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る