• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーの「時短対策」 ルーティン多いイチローにダメージか?

 昨季終了後からしきりに議論されているメジャーの時短対策が、日本人選手に影響しそうだ。

 ロブ・マンフレッド新コミッショナーは時短を重要な改革案の一つに掲げる。投手が必要以上にマウンドを離れたり、捕手が頻繁にマウンドに足を運ぶなど試合進行を遅らせる行為には審判が厳しく注意を促すことになった。

 時短を求められるのは打者も例外ではない。攻守交代の際に全力疾走を怠ったり、打席での無駄な行為は許されない。MLBでは打者の無駄な行為にも目を光らせてスピードアップを徹底させる方針だ。

 これで割を食いそうなのはマーリンズ・イチロー(41)、ジャイアンツ・青木宣親(33)の2人。試合進行を遅らせる選手としてマークされる可能性があるからだ。イチローはバットを外野に向けて一回転させ、左手でユニホームの右腕部分をまくり上げるなど、打席に入ってからのルーティンが多い。相手投手の配球を読むため、時には1球ごとに打席を外すこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る