今季W杯4戦4勝の小平奈緒 五輪V3狙う李相花を射程圏に

公開日: 更新日:

 冬季五輪の日韓対決といえば、女子フィギュアの浅田真央と金妍兒の戦いを思い出すが、18年平昌大会はスピードスケート女子500メートルの小平奈緒(30)と李相花(27)のレースで盛り上がる。

 もっか五輪2連覇中の李は、同種目でボニー・ブレア(米国=88、92、94年)以来となる3連覇を目指すが、それを阻もうと燃えているのが、今季絶好調の小平だ。

 メダルが期待されたソチ五輪で500メートル5位、1000メートル13位に終わった小平は、翌シーズンからスケート王国のオランダへ留学。14~15年シーズンに日本女子勢では24季ぶりとなるW杯種目別総合優勝を果たすと、世界距離別選手権でも銅メダルを獲得した。

 オランダから長野に拠点を戻した今季は開幕からW杯4戦4勝(通算5勝目)。留学で修正されたフォームを固め、これまでとは別人のように勝ちだした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る