日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季W杯4戦4勝の小平奈緒 五輪V3狙う李相花を射程圏に

 冬季五輪の日韓対決といえば、女子フィギュアの浅田真央と金妍兒の戦いを思い出すが、18年平昌大会はスピードスケート女子500メートルの小平奈緒(30)と李相花(27)のレースで盛り上がる。

 もっか五輪2連覇中の李は、同種目でボニー・ブレア(米国=88、92、94年)以来となる3連覇を目指すが、それを阻もうと燃えているのが、今季絶好調の小平だ。

 メダルが期待されたソチ五輪で500メートル5位、1000メートル13位に終わった小平は、翌シーズンからスケート王国のオランダへ留学。14~15年シーズンに日本女子勢では24季ぶりとなるW杯種目別総合優勝を果たすと、世界距離別選手権でも銅メダルを獲得した。

 オランダから長野に拠点を戻した今季は開幕からW杯4戦4勝(通算5勝目)。留学で修正されたフォームを固め、これまでとは別人のように勝ちだした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事