今季W杯4戦4勝の小平奈緒 五輪V3狙う李相花を射程圏に

公開日: 更新日:

 冬季五輪の日韓対決といえば、女子フィギュアの浅田真央と金妍兒の戦いを思い出すが、18年平昌大会はスピードスケート女子500メートルの小平奈緒(30)と李相花(27)のレースで盛り上がる。

 もっか五輪2連覇中の李は、同種目でボニー・ブレア(米国=88、92、94年)以来となる3連覇を目指すが、それを阻もうと燃えているのが、今季絶好調の小平だ。

 メダルが期待されたソチ五輪で500メートル5位、1000メートル13位に終わった小平は、翌シーズンからスケート王国のオランダへ留学。14~15年シーズンに日本女子勢では24季ぶりとなるW杯種目別総合優勝を果たすと、世界距離別選手権でも銅メダルを獲得した。

 オランダから長野に拠点を戻した今季は開幕からW杯4戦4勝(通算5勝目)。留学で修正されたフォームを固め、これまでとは別人のように勝ちだした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る