日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平昌に前進中 高木美帆“地元開催”全日本選手権に意欲

「どんな時でもW杯の滑りを出せるようにしたい」

 20日に開幕する全日本スピードスケート選手権(帯広)に出場する高木美帆(22)が、前日の最終調整でこう言った。

 昨季まで表彰台はゼロだったが、今季はW杯アスタナ(カザフスタン)大会で、団体追い抜き、1000メートル、1500メートルの3冠。W杯ヘーレンフェイン(オランダ)大会でも団体追い抜きを連勝し、1500メートルは3位。W杯前半4大会で8度もメダルを手にした。ファンは18年平昌五輪への期待が膨らむ一方だ。

 高木にとっても、出場すれば2度目となる五輪は燃えるものがある。日本スピードスケート史上最年少の15歳(中3)で出場したバンクーバーで惨敗。ソチの代表選考は不振で落選。平昌に懸ける気持ちは人一倍強い。

 長野で行われた昨年の全日本は、1500、3000、5000メートルの3種目を長野出身の菊池彩花(29)が制し、500メートル1位の高木は総合2位だった。

 今年は地元出身の自分が主役になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事