平昌に前進中 高木美帆“地元開催”全日本選手権に意欲

公開日:  更新日:

「どんな時でもW杯の滑りを出せるようにしたい」

 20日に開幕する全日本スピードスケート選手権(帯広)に出場する高木美帆(22)が、前日の最終調整でこう言った。

 昨季まで表彰台はゼロだったが、今季はW杯アスタナ(カザフスタン)大会で、団体追い抜き、1000メートル、1500メートルの3冠。W杯ヘーレンフェイン(オランダ)大会でも団体追い抜きを連勝し、1500メートルは3位。W杯前半4大会で8度もメダルを手にした。ファンは18年平昌五輪への期待が膨らむ一方だ。

 高木にとっても、出場すれば2度目となる五輪は燃えるものがある。日本スピードスケート史上最年少の15歳(中3)で出場したバンクーバーで惨敗。ソチの代表選考は不振で落選。平昌に懸ける気持ちは人一倍強い。

 長野で行われた昨年の全日本は、1500、3000、5000メートルの3種目を長野出身の菊池彩花(29)が制し、500メートル1位の高木は総合2位だった。

 今年は地元出身の自分が主役になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る