平昌に前進中 高木美帆“地元開催”全日本選手権に意欲

公開日: 更新日:

「どんな時でもW杯の滑りを出せるようにしたい」

 20日に開幕する全日本スピードスケート選手権(帯広)に出場する高木美帆(22)が、前日の最終調整でこう言った。

 昨季まで表彰台はゼロだったが、今季はW杯アスタナ(カザフスタン)大会で、団体追い抜き、1000メートル、1500メートルの3冠。W杯ヘーレンフェイン(オランダ)大会でも団体追い抜きを連勝し、1500メートルは3位。W杯前半4大会で8度もメダルを手にした。ファンは18年平昌五輪への期待が膨らむ一方だ。

 高木にとっても、出場すれば2度目となる五輪は燃えるものがある。日本スピードスケート史上最年少の15歳(中3)で出場したバンクーバーで惨敗。ソチの代表選考は不振で落選。平昌に懸ける気持ちは人一倍強い。

 長野で行われた昨年の全日本は、1500、3000、5000メートルの3種目を長野出身の菊池彩花(29)が制し、500メートル1位の高木は総合2位だった。

 今年は地元出身の自分が主役になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る