まずスポンサー探し Sスケート長島「復帰」へのハードル

公開日: 更新日:

「最終的にはメダルを取れるように、もう一度チャレンジしたいと思った」──。

 4日、バンクーバー五輪スピードスケート男子500メートル銀メダリストの長島圭一郎(34)が都内で会見し、現役復帰を表明した。

 一昨年に現役を引退し、今年1月には所属していた日本電産サンキョーを退社。小中高生らを対象に指導してきたが、「楽しそうに滑っている子供たちを見て影響を受けた」と再び、リンクに立つ理由を説明した。

 現在はフリーの立場で練習しているだけに「早く所属先(スポンサー)を見つけて、できるだけ早く(記録会などに)出場したい」と話すが、現実は厳しい。

 フィギュアスケート浅田真央、女子ジャンプの高梨沙羅らは複数のスポンサーが付いて数億円規模の収入があるものの、そんな恵まれた冬季競技の選手は一握りにすぎない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る