女子1500mも優勝 “平昌の星”高木美帆がW杯で3冠達成

公開日:  更新日:

 18年平昌冬季五輪のメダル候補が好調だ。

 スピードスケートのW杯カザフスタン・アスタナ大会が4日に行われ、女子1500メートルで高木美帆(22)が1分56秒36で優勝。W杯個人種目を初めて制した3日の1000メートル、女子団体追い抜きに次いで今大会3冠を達成した。

 高木は最初の300メートルで全体3番目と出遅れたが、ラスト1周に入ったところで2番手に浮上。終盤に抜け出し、海外勢を振り切った。

 今大会3個目の金メダルにもレース後の高木は不満を口にした。700以降の滑りに納得がいかないそうで「優勝はうれしいけど、内容には反省が残る」と厳しい表情だった。

 12年、13年の世界ジュニア選手権で日本人初の連覇。前回のソチ五輪でもメダル取りを有力視されながら、代表選考会で結果が残せずに落選した。かつては「スケート界の宝」と言われながら、大舞台でのもろさが目立った。スピードスケートの本場である次戦のオランダ大会では強豪相手に真価を問われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る