「北京で二刀流」森田六朗著

公開日: 更新日:

■剣道を通して触れた中国の若者の素顔

 中国で日本語教師を務めながら、現地の若者にボランティアで剣道を教える著者のエッセー集。

 03年、定年を目前にして日本語教師に転職した氏は、幼い頃から続けてきた剣道を現地でも続けたいと防具や竹刀を持参して北京に赴任。日本人会傘下の同好会に加わり汗を流していたが、やがて北京に中国人が主宰する剣道団体が2つもあることを知り、顔を出してみると、指導を頼まれ、稽古に通うようになった。中国の若者たちは、日本のアニメを見て剣道に興味を抱いたそうだ。10年を経て、今では中国人剣士は全土で5000人を超え、有段者も増えているという。仕事や剣道を通じて触れる中国の若者たちの素顔や、北京生活の実際を伝える。
(現代書館 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る