「北京で二刀流」森田六朗著

公開日:  更新日:

■剣道を通して触れた中国の若者の素顔

 中国で日本語教師を務めながら、現地の若者にボランティアで剣道を教える著者のエッセー集。

 03年、定年を目前にして日本語教師に転職した氏は、幼い頃から続けてきた剣道を現地でも続けたいと防具や竹刀を持参して北京に赴任。日本人会傘下の同好会に加わり汗を流していたが、やがて北京に中国人が主宰する剣道団体が2つもあることを知り、顔を出してみると、指導を頼まれ、稽古に通うようになった。中国の若者たちは、日本のアニメを見て剣道に興味を抱いたそうだ。10年を経て、今では中国人剣士は全土で5000人を超え、有段者も増えているという。仕事や剣道を通じて触れる中国の若者たちの素顔や、北京生活の実際を伝える。
(現代書館 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る