• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「北京で二刀流」森田六朗著

■剣道を通して触れた中国の若者の素顔

 中国で日本語教師を務めながら、現地の若者にボランティアで剣道を教える著者のエッセー集。

 03年、定年を目前にして日本語教師に転職した氏は、幼い頃から続けてきた剣道を現地でも続けたいと防具や竹刀を持参して北京に赴任。日本人会傘下の同好会に加わり汗を流していたが、やがて北京に中国人が主宰する剣道団体が2つもあることを知り、顔を出してみると、指導を頼まれ、稽古に通うようになった。中国の若者たちは、日本のアニメを見て剣道に興味を抱いたそうだ。10年を経て、今では中国人剣士は全土で5000人を超え、有段者も増えているという。仕事や剣道を通じて触れる中国の若者たちの素顔や、北京生活の実際を伝える。
(現代書館 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る