「行動しながら考えよう」島岡要著

公開日:

 計画は立てているが自信がないなどから、行動に移せない人がいる。その原因は行動する前に考え過ぎるからだが、残念ながらどんなに考えても未来を高い精度で予測することはできない。ならば、まず小さな一歩を踏み出そう。するとそこで新しい出会いや発見がある。問題が生じれば解決しながら計画の修正をしていけばいい。それを繰り返すことで、結果的に目的を達成すると著者は言う。

 また年齢を重ねてから新しいことに挑戦するのには勇気がいるが、実はコツがある。40代以降は自分で知識を身に付けることに腐心するのではなく、まずその分野に関係するパートナーを見つけるといい。その人とよい人間関係が結べれば、そのエッセンスを学ぶことができ、自分で一から学ぶより断然効率がいいからだ。その後、独自で新しいことを行動に移せば、結果は出たも同然だ。

 ほかにネガティブ感情の活用方法、戦略的楽観主義者への道など、若手研究者に向けて書かれた本だが、サラリーマンも大いに参考になる。問題解決術の指南書。(羊土社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る