「行動しながら考えよう」島岡要著

公開日:

 計画は立てているが自信がないなどから、行動に移せない人がいる。その原因は行動する前に考え過ぎるからだが、残念ながらどんなに考えても未来を高い精度で予測することはできない。ならば、まず小さな一歩を踏み出そう。するとそこで新しい出会いや発見がある。問題が生じれば解決しながら計画の修正をしていけばいい。それを繰り返すことで、結果的に目的を達成すると著者は言う。

 また年齢を重ねてから新しいことに挑戦するのには勇気がいるが、実はコツがある。40代以降は自分で知識を身に付けることに腐心するのではなく、まずその分野に関係するパートナーを見つけるといい。その人とよい人間関係が結べれば、そのエッセンスを学ぶことができ、自分で一から学ぶより断然効率がいいからだ。その後、独自で新しいことを行動に移せば、結果は出たも同然だ。

 ほかにネガティブ感情の活用方法、戦略的楽観主義者への道など、若手研究者に向けて書かれた本だが、サラリーマンも大いに参考になる。問題解決術の指南書。(羊土社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る