「双葉町 不屈の将 井戸川克隆」日野行介著

公開日: 更新日:

「双葉町 不屈の将 井戸川克隆」日野行介著

 2011年3月11日。東日本大震災によって、福島第1原発事故が起きた。地元、福島県双葉町の町長だった井戸川克隆は、右往左往する県や国の役人に見切りをつけ、独力で避難先を探して町民を導いた。その後、井戸川と双葉町と町民はどうなったのか。10年以上にわたって井戸川を追い続けてきたジャーナリストが原発事故の本質に迫ったノンフィクション作品。

 過酷事故で被災した双葉町は「復興」の名のもとに、さらなる忍従を強いられた。福島県内外の除染で生じた汚染土を最長30年間保管する「中間貯蔵施設」の受け入れを国と県から求められたのだ。故郷が汚染土の荒野になる。町民無視の冷酷な政策に真っ向から反対した井戸川は、町長の座を追われた。町議会は国や県の言いなりだった。

 町長を辞めてからも、井戸川は闘い続けている。嘘と隠蔽で幕引きを図り、町民に泣き寝入りを強いる国策に、たった1人で抗っている。

 そんな井戸川を「双葉町の長」として慕い、敬い、そばを離れない町民たちがいる。著者があえて「家臣」と呼ぶ彼らの多くは、井戸川と同年代の高齢者。避難先の埼玉県加須市にある井戸川の事務所に毎月1回、10人ほどの家臣が集まってくる。井戸川はこの会合を町民の学習の場と位置付けているのだが、家臣たちは井戸川の独演を黙って聞くだけで、ノートもとらないし、質問も意見も出ない。誰も井戸川の後に続いて闘おうとはせず、そのことに後ろめたさを感じてもいる。そんな家臣を、井戸川は決して見捨てない。

「不屈の将」と闘わない家臣たち。両者の有り様が、被災者の複雑な悩みと苦しみ、国策と闘う難しさを浮かび上がらせる。

 他人事ではない。この作品は読者にも問いを突きつけている。「みんなが」「誰かが」ではなく、自分で考えているか。肉声で語っているか。泣き寝入りせずに闘う覚悟はあるか、と。

(平凡社 2420円)

【連載】ノンフィクションが面白い

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今