「イエスタデイ・ワンス・モア」リチャード・カーペンターほか編著 森田義信訳

公開日: 更新日:

「イエスタデイ・ワンス・モア」リチャード・カーペンターほか編著 森田義信訳

 1970年、2枚目のシングル「遥かなる影」の大ヒットで、瞬く間に世界的スターにのぼりつめたリチャードとカレン兄妹によるポップデュオ「カーペンターズ」。

 本書は、リチャードの全面監修のもと、2人の足跡をすべて網羅した公式ヒストリーブックだ。

 コネティカット州ニューヘブンで過ごした幼少期、父親のレコードコレクションに興味津々のリチャードに両親は子ども向けの蓄音機をプレゼントしてくれた。彼がまだ3歳のときだった。

 ピアノのレッスンを受けていた先生からエール音楽院への進学を勧められ、15歳でオーディションに合格、音楽院に通うようになったという。

 その後、一家でカリフォルニアに転居早々、公園で行われていたタレント発掘ショーのようなイベントに誘われ、まだ13歳のカレンと出場。

 その演奏を聞いた聖歌隊の指揮者に誘われ教会のオルガンを弾いたり、週末にはライブでピアノを演奏したりするようになったという。

 そんな音楽事始めから、アマチュア時代のエピソードや、デモテープが何人もの手を経て大手レコード会社のプロデューサーに渡り、契約にいたったというメジャーデビューまでの経緯が、リチャードへの100時間以上に及ぶインタビューによって詳細に語られる。

 以降、1969年のファーストアルバム「オファリング」にはじまる全アルバムと全シングルの詳細な解説を豊富なエピソードを交えながら紹介。

 さらに40年前のカレンの死や、その後の活動まで、リチャード秘蔵の未公開写真や、楽曲の大半に関わったジョン・ベティスら関係者の証言など交えながら、その活動の軌跡をすべてたどることができるファン待望の一冊だ。 

(晶文社 5940円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる