日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

睡眠薬で糖尿病予防? 不適切表現でNHK「ガッテン!」謝罪

 NHKが生活情報番組「ガッテン!」の一部表現が不適切だったとして26日夜、番組の公式サイトで謝罪した。問題となったのは今月22日放送の「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」。

 熟睡することで血糖値を改善できるという内容だったが、「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などのテロップがあり、番組放送後、「睡眠薬の不適切な使用を助長しかねない」「副作用を軽視している」などの批判が寄せられたという。

 NHKは視聴者、医療現場の関係者らに誤解を与え混乱を招いたとして謝罪。その上で「医師が睡眠薬の処方が必要であると判断した時にしか行えないことをもっと明確に述べるべきでした」と反省するコメントを掲載した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事