43万台もあるのに利用率4% 「AED」はどう使えばいい?

公開日: 更新日:

 駅や学校などでよく見かけるAED(自動体外式除細動器)。心停止状態の心臓に電気ショックを与え、正常なリズムに戻す機器だ。全国に約43万台も設置されているが、心停止が目撃された人のうち、実際に使われたケースは4%もない。数の割に普及しているとは言えないのが実情だ。

 とある休日のフットサル場。チームメートが突然“ウッ”と胸を押さえて倒れ込んだ。慌ててかけ寄ってみると、すでに息をしていない――。

「誰か、早く救急車!」

 だが、119番通報してから救急隊員が到着するまでの平均時間は、8.3分(全国平均=12年)。それからAEDを使っても9分ほどが経過しており、救命の可能性は10%ほど。もし施設に備え付けられているAEDを仲間が使って蘇生措置を行っていれば、助かる可能性は高まる。1分以内に使用すれば90%、同2分で80%……と、救命率は1分ごとに10%ずつ下がっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る