43万台もあるのに利用率4% 「AED」はどう使えばいい?

公開日:  更新日:

 駅や学校などでよく見かけるAED(自動体外式除細動器)。心停止状態の心臓に電気ショックを与え、正常なリズムに戻す機器だ。全国に約43万台も設置されているが、心停止が目撃された人のうち、実際に使われたケースは4%もない。数の割に普及しているとは言えないのが実情だ。

 とある休日のフットサル場。チームメートが突然“ウッ”と胸を押さえて倒れ込んだ。慌ててかけ寄ってみると、すでに息をしていない――。

「誰か、早く救急車!」

 だが、119番通報してから救急隊員が到着するまでの平均時間は、8.3分(全国平均=12年)。それからAEDを使っても9分ほどが経過しており、救命の可能性は10%ほど。もし施設に備え付けられているAEDを仲間が使って蘇生措置を行っていれば、助かる可能性は高まる。1分以内に使用すれば90%、同2分で80%……と、救命率は1分ごとに10%ずつ下がっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る