日本の抗インフル薬で治癒例も エボラ熱の脅威は終わらない

公開日: 更新日:

 日本にとっても朗報には違いない。日本の製薬会社が開発した抗インフルエンザ薬を投与されていたフランス人のエボラ出血熱患者の治療が成功、パリ郊外の軍病院を退院したと、トゥーレーヌ仏保健相が4日発表した。果たしてこれで、「地球規模の脅威」(オバマ米大統領)は終息するのか。

 この抗インフル薬は、富士フイルムHD傘下の富山化学工業が開発した「アビガン」。インフルエンザウイルスの種類を問わずに抗ウイルス作用が期待でき、かつてはポスト「タミフル」の呼び声も高かった。

「ところが、動物を使った安全性試験で胎児に奇形が生じる可能性が認められたため、たとえばパンデミックが起きた時などに厚労相のOKが出たら製造していいなどの条件付きで承認された“異例”の薬です。開発関係者はガッカリしていたんですが、夏ごろからエボラに効くかもしれないという話になり、米国でも試験が進められ、再び脚光を浴びることになったのです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る