日本の抗インフル薬で治癒例も エボラ熱の脅威は終わらない

公開日:  更新日:

 日本にとっても朗報には違いない。日本の製薬会社が開発した抗インフルエンザ薬を投与されていたフランス人のエボラ出血熱患者の治療が成功、パリ郊外の軍病院を退院したと、トゥーレーヌ仏保健相が4日発表した。果たしてこれで、「地球規模の脅威」(オバマ米大統領)は終息するのか。

 この抗インフル薬は、富士フイルムHD傘下の富山化学工業が開発した「アビガン」。インフルエンザウイルスの種類を問わずに抗ウイルス作用が期待でき、かつてはポスト「タミフル」の呼び声も高かった。

「ところが、動物を使った安全性試験で胎児に奇形が生じる可能性が認められたため、たとえばパンデミックが起きた時などに厚労相のOKが出たら製造していいなどの条件付きで承認された“異例”の薬です。開発関係者はガッカリしていたんですが、夏ごろからエボラに効くかもしれないという話になり、米国でも試験が進められ、再び脚光を浴びることになったのです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る