恐怖のデング熱とセアカゴケグモ 重症化キーワードは「2」

公開日:  更新日:

 虫の反乱だ。ヒトスジシマカがウイルスを媒介するデング熱が全国に拡大したのに続き、オーストラリア原産の毒グモ・セアカゴケグモが全国各地で見つかっている。デング熱の患者は北海道から山口まで18都道府県で確認され、セアカゴケグモは35都府県に分布する。2つの虫による感染症は、日本に定着したといっていい。東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏(感染症学)に聞いた。

 セアカゴケグモは体長1センチほど。これまでに発見されたのは家の庭や浄水場、マンションの敷地、公園、高速道路のサービスエリアなど。プランターの底やエアコンの室外機の裏などに隠れ、自宅に侵入するケースもあるという。

 毒があるのはメスのみで、おとなしく、攻撃性は少ないが、海外では“ご対面”して驚いたクモに刺され、死亡した人もいる。厚労省や自治体は「重症化はまれ」と事態の沈静化に必死だが、決して侮れないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る