栃木、群馬、佐賀でも…全国で「大量捨て犬」続出の裏事情

公開日:  更新日:

 栃木・群馬で犬の大量死骸が見つかり、ペット好きに衝撃を与えているが、同様の“事件”が佐賀でも起きた。

 佐賀県内の公園などで、小型犬のマルチーズが18匹保護されていたことが11日、分かったのだ。他に死骸もあったという。同県の動物愛護団体「ハッピーボイス」の担当者はこう話す。

「私たちが把握しているのは死骸の状態で見つかった2匹を含む5匹。その他、個人に引き取られ報告されていないケースが数件あるようで、合計約30匹に上るとみられます」

 栃木・群馬両県で発見された、生きた状態の小型犬と死骸は計110匹余り。これで3県合わせて約140匹にもなる。ペットブームで、2012年度の犬の全国の登録数は約678万匹に上り、10年前と比べ70万匹も増加しているというのに、なぜ無残にもペットが遺棄されるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る