「飼い犬税」も…大阪・泉佐野市長が犬猫問題に“ご執心”のなぜ

公開日: 更新日:

 大阪・泉佐野市で「飼い犬税」が課されることになりそうだ。市は2014年度中の導入を目指していて、年明けには、検討委員会が設置されるという。

 昭和30年代には全国の多くの自治体で、犬の飼い主への課税制度が実施されていた。なぜ今ごろ“復活”を目指すのか。泉佐野市に聞いた。

「国際空港の玄関口として市内の公園をはじめ施設の美化に力を入れているのですが、犬のフンに関する苦情は2010年に22件、11年に32件と増えています。12年以降は、フンの放置が目立つ14地点を中心にパトロールなど行ってきました。今年7月には過料5000円の徴収にも踏み切っています。それでもフンの被害はなくならず、飼い犬税導入の検討に入りました」(環境衛生課の担当者)

 泉佐野市は命名権の売却が検討されるなど財政が苦しく、「フンの清掃代の捻出が厳しい」(地元関係者)というのも要因だろう。だが、なんといっても千代松大耕市長の熱い思い入れがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る