• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「飼い犬税」も…大阪・泉佐野市長が犬猫問題に“ご執心”のなぜ

 大阪・泉佐野市で「飼い犬税」が課されることになりそうだ。市は2014年度中の導入を目指していて、年明けには、検討委員会が設置されるという。

 昭和30年代には全国の多くの自治体で、犬の飼い主への課税制度が実施されていた。なぜ今ごろ“復活”を目指すのか。泉佐野市に聞いた。

「国際空港の玄関口として市内の公園をはじめ施設の美化に力を入れているのですが、犬のフンに関する苦情は2010年に22件、11年に32件と増えています。12年以降は、フンの放置が目立つ14地点を中心にパトロールなど行ってきました。今年7月には過料5000円の徴収にも踏み切っています。それでもフンの被害はなくならず、飼い犬税導入の検討に入りました」(環境衛生課の担当者)

 泉佐野市は命名権の売却が検討されるなど財政が苦しく、「フンの清掃代の捻出が厳しい」(地元関係者)というのも要因だろう。だが、なんといっても千代松大耕市長の熱い思い入れがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る