「飼い犬税」も…大阪・泉佐野市長が犬猫問題に“ご執心”のなぜ

公開日:  更新日:

 大阪・泉佐野市で「飼い犬税」が課されることになりそうだ。市は2014年度中の導入を目指していて、年明けには、検討委員会が設置されるという。

 昭和30年代には全国の多くの自治体で、犬の飼い主への課税制度が実施されていた。なぜ今ごろ“復活”を目指すのか。泉佐野市に聞いた。

「国際空港の玄関口として市内の公園をはじめ施設の美化に力を入れているのですが、犬のフンに関する苦情は2010年に22件、11年に32件と増えています。12年以降は、フンの放置が目立つ14地点を中心にパトロールなど行ってきました。今年7月には過料5000円の徴収にも踏み切っています。それでもフンの被害はなくならず、飼い犬税導入の検討に入りました」(環境衛生課の担当者)

 泉佐野市は命名権の売却が検討されるなど財政が苦しく、「フンの清掃代の捻出が厳しい」(地元関係者)というのも要因だろう。だが、なんといっても千代松大耕市長の熱い思い入れがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る