温泉の達人が推す 年末年始に訪れたい「東西ベスト7宿」

公開日:  更新日:

 帰省や旅行のプランの一つとして、温泉を計画している人も少なくないだろう。しかし、日本温泉総合研究所によると、国内には3159カ所の温泉地があり、旅館やホテルなどの温泉施設は2万1174カ所に上るため、名湯探しは容易じゃない。そんなときは、達人に頼るに限る。

 年間150泊以上しながら全国の温泉地を渡り歩く旅行ジャーナリスト小林しのぶさんに、東西のオススメ5湯と日の出がキレイな2湯をそれぞれピックアップしてもらった。

■箱根や湯布院を外し穴場をチョイス

 全国的な温泉地といえば、箱根や湯布院が名高いが、温泉施設の数は静岡がダントツ。そんな湯どころ静岡からは、西伊豆の松崎町にある桜田温泉の「山芳園」がオススメだという。

「開業6年と歴史は浅いのですが、風呂は加水なしの源泉100%で、露天は最長部11メートル、深さ1メートルと泳げるほどの広さです。それとは別に、貸し切り温泉と内湯の総ひのき風呂、洞窟室岩風呂(女湯)があって、心底、温泉を楽しむことができます。しかも料理がおいしく、冬の猪は絶品です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る