• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「箱根」今が狙い目のワケ 温泉街は噴火“圏外”&お得な特典も

 国土地理院は8日、箱根山・大涌谷の谷底付近の直径200メートルの範囲が4月18日から5月7日までの間に最大6センチ隆起したと発表した。山が膨張しているという。

 箱根山の噴火警戒レベルは1から2に引き上げられたばかり。連日の報道を受け、一部旅館では日本人観光客のキャンセルが相次いでいるが、ちょっと冷静になった方がいい。実は、箱根湯本温泉や芦ノ湖は今が“穴場”だ。山口町長は6日の会見で「大涌谷周辺に限られた噴火警報」と話した。水蒸気が上がっているのは大涌谷で、気象庁は、「大涌谷周辺で水蒸気爆発が発生する恐れがある」と指摘している。

「水蒸気噴火の恐れ」というところがポイントで、マグマ噴火に比べ、水蒸気噴火は噴石が少ないし、被害の範囲は狭いのが特徴なのだ。町の防災マップでは、水蒸気噴火の発生時、火口から最長で半径700メートルの範囲に噴石が飛ぶと想定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る