「箱根」今が狙い目のワケ 温泉街は噴火“圏外”&お得な特典も

公開日:  更新日:

 国土地理院は8日、箱根山・大涌谷の谷底付近の直径200メートルの範囲が4月18日から5月7日までの間に最大6センチ隆起したと発表した。山が膨張しているという。

 箱根山の噴火警戒レベルは1から2に引き上げられたばかり。連日の報道を受け、一部旅館では日本人観光客のキャンセルが相次いでいるが、ちょっと冷静になった方がいい。実は、箱根湯本温泉や芦ノ湖は今が“穴場”だ。山口町長は6日の会見で「大涌谷周辺に限られた噴火警報」と話した。水蒸気が上がっているのは大涌谷で、気象庁は、「大涌谷周辺で水蒸気爆発が発生する恐れがある」と指摘している。

「水蒸気噴火の恐れ」というところがポイントで、マグマ噴火に比べ、水蒸気噴火は噴石が少ないし、被害の範囲は狭いのが特徴なのだ。町の防災マップでは、水蒸気噴火の発生時、火口から最長で半径700メートルの範囲に噴石が飛ぶと想定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る