• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「箱根」今が狙い目のワケ 温泉街は噴火“圏外”&お得な特典も

 国土地理院は8日、箱根山・大涌谷の谷底付近の直径200メートルの範囲が4月18日から5月7日までの間に最大6センチ隆起したと発表した。山が膨張しているという。

 箱根山の噴火警戒レベルは1から2に引き上げられたばかり。連日の報道を受け、一部旅館では日本人観光客のキャンセルが相次いでいるが、ちょっと冷静になった方がいい。実は、箱根湯本温泉や芦ノ湖は今が“穴場”だ。山口町長は6日の会見で「大涌谷周辺に限られた噴火警報」と話した。水蒸気が上がっているのは大涌谷で、気象庁は、「大涌谷周辺で水蒸気爆発が発生する恐れがある」と指摘している。

「水蒸気噴火の恐れ」というところがポイントで、マグマ噴火に比べ、水蒸気噴火は噴石が少ないし、被害の範囲は狭いのが特徴なのだ。町の防災マップでは、水蒸気噴火の発生時、火口から最長で半径700メートルの範囲に噴石が飛ぶと想定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る